来てよし、帰ってよし


 PCを開けるのが恐ろしや~と思いながら・・・やっと開けました。空白6日ですか、いつもと変わらなかったですね037.gif でも皆様には更新した翌日にはコメントを頂いたのに・・・すみません。
 この更新でいろいろ報告しますので・・・。

 母が昨日、無事に帰っていきました。Mさん宅のように2時間滞在ならね~。私はまるまる6日間、女官を務めましたぞい。実家であまり口を聞かないのか、ウチにくるともうお口が止まらないのです。こっちもいいかげん疲れてくるし、1人の時間も持ちたいので、たまに無意識に素っ気無くしてしまうとなんだか寂しそうな顔をするので、結局仕事に行く以外はず~っとず~っとそばにはべっています。 おしゃべりのほかに、ご飯の用意や動かすのが口ばかりでは・・・と外出の計画を考えたり・・・我ながら私は良い娘だと思います、ハハハ。
 これで夫が車でも運転して出かけてくれたり、娘が1日でも代わってくれたらいいのですけど、ウチは夫と母で夫婦のような年齢ですから、私はさながら両親の面倒をみている錯覚に陥ることがありますよ、フゥ~。 
 娘も母が帰るのを待ちかねたように、外泊に走っております。居るときに外泊すると根掘り葉掘り聞かれると思って・・・。みんな好き放題で勝手だな~と思います。

 でも私は、母には優しくしてると自負があるので、たとえ母になにかあったとしてもたぶん後悔はありません。 母は杖をつきながら帰っていきました。小さくなったなとしみじみ思います。 昔、この人はとっても恐い人で、わがままで、次男(すぐ上の兄)を溺愛していました。私は父親っ子だったので、こちらで独立するまで母に本心も話したこともなければ、旅行にも一緒にでない娘でした。その母が今は私だけを頼りに、杖をついて新宿越えて・・ここまでやって来ると思うと、なんだか愛おしいやら、せつないやら・・・。だから寂しい顔で帰らせたくないと頑張っちゃうんだな~。
 まあ、年齢(とし)も順番とはいえ、私が母に「お母さん」って呼ばれるなんて夢にも思いませんでしたね。
 私は娘に頭が上らなくなる前に、この世からおいとまを頂きたいと思いますけどね。

 ともかく、ちょっと休みましょう。1週間ぶりの自分時間です、気がぬけちゃったわ。
 あのぅ、私は孫はいないので実感はないですが、たぶん孫も親も来てよし、帰ってよしって・・こおいうことなのではないでしょうかね。
 あっ、でも来月は伊豆に行きたいからまた来るようなの。「動けなくなったら美味しいものもたべられなくなるから・・寒くなる前に伊豆でキンメ鯛の煮付けが食べたいから、お母さん計画して」だって。
 ご自分で計画してみるという発想はないのかな? まあ~いいですけど。

 とりあえず、今晩は村山由佳でも読んで寝るぞ!読書ができる、それだけで・・・うん、嬉しい。
by hyokkorijima | 2012-10-16 22:11
<< あなどれません もう!びっくりです >>