シンガポール紀行1


 
f0179090_017595.jpg


 

 
f0179090_0312967.jpg


 
f0179090_033958.jpg


 
f0179090_0411722.jpg


 なんだか帰国後いろいろありまして・・・どっと体調をくずしてしまった今日この頃ではありますが・・・
 クヨクヨしてもしかたありません。 やっとシンガポールの思い出でもアップしてみようかという気持ちになりましたので・・・おっぱじめたいと思います。

 今日は第1話到着編というところでしょうか。
 11月28日、成田発11時10分シンガポールエアラインにて旅立ちました。 所要時間7時間。
 日本との時差は1時間。あちらが1時間遅れています。 チャンギ国際空港に降り立つと、一気に気温は29度。東南アジア特有(亜熱帯)の湿気を帯びた熱気がむ~っと肌にまとわりつきました。
 無事到着し、ホテルに送ってもらうともう夜。 
 写真は上から、シンガポール1(いち)の繁華街・オーチャード通りの夜です。 この通りはハワイでいえばカラカウア通り、日本でいえば銀座通りということになります。 11月末から街はクリスマスイルミネーションに色どられ東京の街並とかわりません。このイルミネーションは日本の日立の全面協力だとか。

 宿泊ホテルは「グッドウッドパークホテル」 イギリスの植民地で、通りにも建物にもそこここ大英帝国の名残りを残すシンガポールには珍しい、ドイツ人倶楽部として19世紀に建てられたクラシックホテルです。
 シンガポールで有名なのはかの「ラッフルズホテル」ですが、ラッフルズはマリーナと言われる、東京でいえばお台場地区のほうになり、オーチャード地区にあるホテルに宿泊したほうが買い物、散歩には便利になるでしょうか。
 なんだか飛行機疲れでしょうか?私がいやにひどく映ってます(汗)まあ深く見つめないでくださいねっと。
 残り2枚は、もうおわかりですね。シンガポールの象徴。夜のマーライオン像ともう一枚は、ソフトバンクのCMでも一気に有名になったシンガポールが誇る旬なスポット。 マリーナベイサンズです。
 3棟から成るホテル、ショッピングセンター、カジノ、シアターが完備された新名所です。
 一番上の舟形の建物がプールと屋上展望台57階になります。滞在期間中もちろん登ってきました。
 
 次回より市内観光編、自由行動編、ハプニング編、順次頑張って更新していくつもりではおります。
 この国のいろんな事情もなかなか興味深いものがありますよ。これも順を追って。

 あっ、最後になってしまいましたが、シンガポールエアラインについて触れておきますと、いいですね。
 この航空会社。毎年1位選ばれるのにも納得しました。飲み物サービスもマメだし、機内であのシンガポールスリング(カクテル)もだしてくれるし、乗務員のバティック柄の制服も女っぷりをあげてるし、エコノミーでも機内で靴下と歯磨きセットが入ったジバンシーのポーチが配られ感激しました。上空寒いですもの。
 娘など大感激。今度いくときも絶対シンガポール航空だわですと。
 ともあれ、無事到着の1日目の夜でした。 つづく。
by hyokkorijima | 2013-12-12 00:18
<< シンガポール紀行2 無事に帰国はしています・・・ >>