シンガポール紀行3


 お寒うございます。明後日には大寒波がやってきて東京も初雪の恐れがあるそうです。
 困りましたね~。 明後日は竹馬の友会の忘年ランチなんですけど(泣)

 皆様も今、さまざまな集まりの真っ最中だと思いますが、お酒と体調にはくれぐれも注意しましょう。
 なかなかブログをゆっくり読めなくてすみませんが・・・今回やっつけてから追々堪能させていただきます。

 寒い日本を忘れて今宵も南国シンガポール紀行3話めです。
 日程3日目。この日は夕方から「空から バスから 船から楽しむ夜景ツアー」というのが組み込まれていましたので、昼間はこれも日本から予定していたアフタヌーンティーの時間を楽しむことにしました。
 アフタヌーンティーはもうご存知ですね。 たっぷりの紅茶といっしょにカナッペやケーキ、スコーン、サンドウィッチなどをゆっくりと楽しむイギリスの習慣です。
 JTBツアーガイドのヨシエさん(シンガポールと日本人とのハーフだそう)曰く、グッドウッドパークホテルやシャングリラホテルがお奨めとのことなので、自分たちの宿泊ホテルで楽しむことにしました。
 ラッフルズに行こうと思ったのですが、宿泊客以外は正面から入れてくれないとか言っていました。
 そんな高ビーなとこはゴメンです。

  
f0179090_18223576.jpg


  
f0179090_18244145.jpg


  
f0179090_18271213.jpg
 

 カナッペもケーキもなかなか可愛い一口サイズでしょう?スコーンもたくさんの種類がありましたがスコーンを食べてしまうとお腹がいっぱいになってしまうので手をつけませんでした。娘はこの時とばかりサーモンや海老のカナッペを食べまくっていました。 ほかにもグラタンやパスタもありましたが・・・そうは食べられないものですね。お値段45シンガポールドル。日本円で3800円くらい。雰囲気と品数を数えると許せます。
 また行くことがあったらこのティータイムはやっぱり外せません。
 あの~私がまた変な髪型してアップになってしまっていますが・・・もうヤケクソです(ハハハ汗)

 このような優雅なお茶を楽しんだ昼間ではありましたが、実は前の晩、娘とは大喧嘩して寝不足でした。
 前の晩、夜オーチャードを流し、お互いシャワーを浴びていざ寝ようという段になって部屋の電気を消すとなんと電話のメッセージランプがピコピコ点滅しているのです。 
 案内書にそって聞こうとするのですがどうやっても聞けません。すると益々気になって・・・。
 暗闇に赤い点滅が光りきりなんですもの。そのうち・・まさかおばあちゃんに何か? いやお父さんに何か? 心配しだしたら胸騒ぎがおさまらなくて・・・思わず私、フロントにいくと寝巻きから着替え始めました。
 娘が「そんなすっ飛んで行ってどうするの? まずはどう聞くか今、言葉を整理するから待ちなよ」
 「そんなん待っていられないでしょうが」 私は娘を置いて夜中も12時をまわったフロントへ。
 行ったはいいが・・・そう私は英語が喋れないのでした008.gif008.gif 
 日本人スタッフもおりません。いきまいて行ったはいいが・・・そのわりに口をついて出た言葉は・・・
 「マイルームナンバー○○○ ドゥユー ハブ メッセージ?」「○○○? ナッシング」「リアリー?」「イエス ナッシング」 まったく馬鹿なやりとり。
 部屋で娘の冷たい目線。「なんて聞いたの?」「メッセージはないかって」「それだけ?」「うん」
 「もう このいのしし女 飛び出しゃいいってもんじゃないだろが」ですって。
 じゃああなたが責任持って聞いてきてよと険悪になり、まあ一緒にまたフロントへ。
 娘曰く「メッセージがないのなら なぜランプが点滅しているのか」って。点滅ってフラシィッングって言うらしいわね(汗) 「JTBデスクからメッセージはないか?」「あれば必ずまずホテルのオペレーターを通すのですね」とかいうことをどうやら英語でくっちゃべったらしい。
 よってたまたま電話配線の故障だったらしいのだけど、2人でフロントでワーワー始めちゃったので、それから部屋に電気関係の人が来てしまって・・・超寝不足。私が突っ走ったからだと大喧嘩。
 
 それでもいっしょに行動するしかなく・・・こうしてアフタヌーンティー。
 楽しいんだか疲れるんだか・・・。 続く。
by hyokkorijima | 2013-12-16 18:28
<< シンガポール紀行4 シンガポール紀行2 >>