シンガポール紀行 ハプニング編と総括 そしてお知らせ


 シンガポール紀行なんてまとめている場合でもないんですが・・・。
 今宵はとにもかくにもスケートが気になってしかたのない時間ですが。 なにもしないでテレビの前に座っているのも貧乏性の私は落ち着かない。皆様観てます? 今。

 私はコレを更新してから観ようと思います。代表枠の発表はまだだし、真央ちゃんや明子さんもまだですよね。 ということで・・今回のまとめでシンガポールは終わりにします。

 最終日のハプニング編。
 この日、私と娘は旅行最終日、午前中にゆっくりとボディマッサージをうけて、それから日本で申し込んでおいたマリーナベイサンズの屋上展望台に行きシンガポールの町並みを目に焼きつけ、オーチャードに戻り街をゆっくり散策して帰途になると予定をたてておりました。マッサージも種類も場所もたくさんあります。
 そこでJTBのデスクでお奨めを聞き事前に予約しておいて貰ったのです。
 私たちの予約時間は午前中の9時半、1時間のマッサージをゆったりと受けてスッキリしてから、サンズの展望台に向かうつもりでおりました。しかも体験したい地下鉄で(楽しそうですものね)。

 ところが、予約の半券を持って教えられたモールに出向くと・・・まだ開店していないのです。
 9時半の予約が入っているはずなのに、ようやく各フロアー、もったりした男たちがエスカレーターを動かしだして・・やっと眠りから覚めるとこってかんじの絵面です。うん?なぜ?ですよね。
 娘が店の名を告げ、予約の半券をだすと、その店は確かにこのモールの4階にあるけれども、このモールの開店時間は10時だから、そもそも9時半に予約を入れるはずはないですと。
 そんなこと言ったってね。こっちはもうタイムテーブル決めちゃっているんだから。
 
 種あかしをすると、お店側はどうやら夜の9時半と思っていたらしいのです。よって私たちは10時まで待たされ、そのあげく夜の9時半に出直してくれと言われて・・・。
 娘の闘争心に火がつきましたね。「夜の9時半なら21時半だ、これはどう考えても午前の9時半だろう」みたいなことをまくしたててました。あっちも「それなら1時間待てば2人できるとか、すぐでは1人しかできないとか」ごねて・・・すると「今日、日本に帰るんだから夜では間に合わない、午前中なんとか入れてくれ」と娘がごねて(笑)ごね合戦。 なんとかこちらがゴネ勝ちで・・受けることができたのですが・・・・。

 このマッサージ、私たちが描いていたうっとり眠ってしまうようアロママッサージではなかったのですね~007.gif 整体の域。 痛くて痛くて。「痛い」と言うと「あなたはこってる」だと。こってる、なんて日本語だけしっかり知っているのね005.gif
 娘がゴネ」たからチョイとかわいがられてしまったのではないかしら?(苦笑)

ですが、このあとこのお店の従業員さん、「メトロは観光客にはわかりにくいかもしれない、タクシーも高額ではないからタクシーでサンズに行ったほうが良い」とアドバイスをくれてタクシー乗り場までいっしょについてきてくれたのです。おかげで嫌な思い出を残さず最後の観光を終えて帰国することができました。

 振り返ると、フードコートのステーキ「ウエルダン」事件?にホテルの「ドゥ ユー ハブ メッセージ」事件?にマッサージ予約トラブルといろいろありましたが、どれも笑える楽しい思い出です。

 実は娘が10日前に24歳の誕生日を迎えました。彼氏と横浜でお祝いし、そぞろ歩きで占いをみてもらったそうです。したら27歳でお嫁に行くのですと。 あと3年ですね。その頃にはこの年下彼氏も社会人になります。このままいくとしたらあと数年で私の手元を離れるかもしれませんね。
 それを思うといっしょに旅行に行って良かったなと思います。
 
話題・・変わります。スケート、オリンピック代表発表らしいです。もめてるみたい。 泣かせますね、どの選手も。真央ちゃんは、プレッシャーに弱そうですね。バンクーバーの二の舞にさせたくないなあ~。
 明子さんは強いですね。何度も地獄を見たのかもしれません。なんとかこの2人に金・銀取らせてあげたいけれど・・・。 おっ、高橋大輔。良かった。やっぱりこのまま終わらせるのはかわいそうだったもの。

 スケートの発表が終わったところで私からも発表があります(おおげさ・・汗)

 一つ目。 年明けは1月7日発売の婦人公論に原稿用紙8枚分ほど書いた私のエッセイが載ることになりました。
 「宝くじ狂想曲」というタイトルで公募されていた体験手記に応募していたところ採用されたそうです。

 二つ目。 写真はヘタだし、更新はきまぐれだし、それでも5年半続けてきたブログですが、この年末をもって卒業ということにしたいと思います。温かい気持ちで応援してくださって本当にありがとうございます。

 2つの詳細につきましては、明後日更新させていただきたいと思います。
 なんでも明日のイブは娘がY君を連れてきて泊るんですと。私、仕事なんですけど。 彼女なりに思い出つくりなのかもしれませぬ。
by hyokkorijima | 2013-12-23 19:34
<< 本当にありがとうございました シンガポール紀行4 >>