本当にありがとうございました

 前回2つお知らせしましたことの詳細をしたためさせていただきますね。

 婦人公論の件は・・・先週の火曜日でした。携帯にいきなり知らない番号の着信があり、おそるおそる出てみると「こちらは婦人公論編集部の○○ですが ひょっこりさんですか? あなた様からお送りいただきました体験記を1月7日発売の当雑誌に掲載させていただきたくお電話いたしました」とかかってきました。
 婦人公論の末ページの原稿募集はたまに本屋さんで立ち読みで流します。
 シンガポールに行く少し前でした。
 「私をブルーにさせる人々」 「我が家の宝くじ狂想曲」そんなテーマが公募されていました。
 目にしたとたん、私これ両方かけるかもって、ピッと来て本を買いました。
 このブログでお話ししたことありませんでしたかね? 私は6年前、サマージャンボで2億の組違いでまさに狂想曲に踊った体験があるのです。 あまりに鮮烈な出来事でそのとき4枚くらいのエッセイにまとめておいたまま時が流れていたのですが、この公募をみて旅行前の1日、8枚にすぐ書き直し送ってみました。
 公論採用なので、はっきりいって楽しいだけの読み物ではありません。半分クスリで半分はシリアスな書き方をしていますが・・あくまで事実に基づいたフィクションとして・・良かったら立ち読みしてください。
 また「本名でいいですか? 仮名にしますか?」といわれたので、安全策をとって苗字、名前それぞれ1文字づつ変えてくださいとお願いしました。私の本名に似ているものがあったら・・それです。
 あの・・年齢はサバよんでいませんからね(笑)


 次、ブログの卒業について・・・。
 機械音痴の写真下手の私がまがりなりにも5年半、どうにかこうにか続けられてきたのは、皆様の共感や励ましのコメントがなにより嬉しかったからだと思います。 本当にありがとうございました。

 今回一区切りつけようと思ったのは・・・母が夫がとても弱ったということもあるでしょうか。
 腰が曲がり、耳もずいぶん遠くなっていた母でしたが、気が強く兄嫁ととうもろこしの投げ合いの喧嘩もする母でしたが、この秋からなし崩しに弱ってきました。 もう電車で私のところには来られないようです。 
 宿敵?(笑)の兄嫁にすっかり世話になって暮らしています。兄嫁も「こんなおとなしくなっちゃっていいんだか悪いんだか・・・またひと吼えして欲しいわね」と苦笑していました。
 娘がいると思えば・・・どこだって行けるものだねと言っていた母でしたが、娘がいても、これからは私が実家にいくことになるでしょう。
 夫も自分をすっかり老人の殻に閉じ込めるようになりました。ゴミを捨てにいってはよく転がったりしています。私と娘のためにももっと気概を持とうとは・・・もう思えないのかもしrません。

 まさに私をブルーにさせる人々ですが・・・母は・・父を早くに亡くした私にとってはたった1人の親。
 来年、私はどのように自分のまわりの変わっていく身内と向き合うのか今のところわかりません。

 ブログも今までだって、気まぐれ更新なのに・・・気持ちのゆとりがなくなると、何を書きだしてしまうか、いつ更新するのか、更新できない自分にイライラしたりもしそうで・・閉店することに決めました。

 私は職場では私生活やメンタルなことは一切口にしないので、まあここが唯一あけっぴろげの場所でしたね。 あけっぴろげ過ぎましたが(笑)
 いつか・・また広げたくなったら?そのときはまたお付き合いさせてください。
 皆様のブログはもちろん読ませていただきます。たまにTさんのブログには足止めされるけど(こじあける(笑))

 本当に本当にありがとうございました。 今年もあと僅かとなりましたが、皆様にとって来たる新しい年がまさにいろいろウマく年になりますようお祈りします。

 Tさん、Mさん、暖かくなって街が花で彩られるころにでもお会いできましたら幸せです。

 2013年 年の瀬                                ひょっこりでした。

 ありがとう。
by hyokkorijima | 2013-12-25 23:31
シンガポール紀行 ハプニング編... >>