<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ただいま~


 行ってまいりました~京都旅行~♪ 8年ぶりの京都でした。

 ひとことで言うと、まさに「錦秋」。
 世の中には生きているうちに食べておきたいもの、見ておきたい景色というものがいくつかあるらしいですが、京の錦秋はやっぱり見ておきたい景色に入れたいとしみじみ思いましたね。
 ただ余計なひとことだけども付け加えてしまうと・・人、多すぎ!嵐山は原宿か!
 
 まっ、それでも幸い好天に恵まれ、2日間ではありましたが充分目に記憶に美しい紅葉を焼き付けてくることができました。
 旅行の形態はクラブツーリズムのツアー旅行に参加しました。この時季個人で京都に行くとホテルは高いし、拝観チケット1枚買うにもエライ時間がかかったりしてしまうのでツアーが楽です。
 ツアー名は「京の紅葉名所7ヶ所巡り」。その名のとおり南禅寺・永観堂・真如堂・光明寺・大徳寺・清水寺・東福寺、そして嵐山と・・・巡った寺のほとんどがあの「そうだ!京都いこう」のキャンペーンで紹介されたお寺です。
 京都という所は不思議なところで、街中いたるところが紅葉しているわけではなくて、バスでハイ着きましたよとお寺に連れて行かれ、一歩踏み込むと一気に別世界になるのですね。
 まさに「京都マジック」ですわ。

 
f0179090_22572620.jpg

 
 
f0179090_232324100.jpg

 南禅寺の奥にある永観堂ではこのようにお抹茶を楽しみ(お抹茶とお菓子だけでなくお口直しにおうすが付くのでとっても感激、すべておいしゅうございました、ハイ)
 
f0179090_2311482.jpg

 
 光明寺では参拝のあとに湯葉丼を食べたり(湯葉は娘の大好物で、京都の特徴か?小ぶりなどんぶりでおやつのようにするり入ってしまいます、とろりとしながらもさっぱり?おいしかったです)

 あとはとにかく紅葉、人、紅葉、人のオンパレードですね。
 とくに紅葉名所として必ず秋の京都のパンフレットに登場する東福寺の通天橋からの眺めは素晴らしいのですが・・係りのおじさんがスピーカーで「つかえますので立ち止まらないで下さい、写真はおひとり1、2枚撮りましたらすぐにどいてください」ってずうっと言いっぱなし。大変だ~。 
 ちなみにここは来週水曜日の「いい旅・夢気分」で女優の若村麻由美さんが訪れてるのが放映されるようですよ。
 どこかどこだかわからなくなってしまいましたが(汗)しばし紅葉写真。

 
f0179090_23213661.jpg

 
 
f0179090_2326667.jpg


 
f0179090_23293264.jpg
  
 
 
f0179090_2327426.jpg


 
f0179090_23334251.jpg
 

 最後の地、嵐山ではとうとう人力車にまで乗って・・・。
 だって嵯峨野の竹林の小道なんて葉ずれのサヤサヤなんてもんじゃなくて、がやがやどやどやぺちゃくちゃ、まあ風情は求められません。よって人力車で駆け抜けてもらいました。
 初体験でした。お値段30分・8000円也。高いか安いか?
 
 とにかく感動旅でした。これで年末まで少し頑張りますよ。
by hyokkorijima | 2011-11-25 23:03

伊豆旅行


 私はあまりマメにブログを更新するほうではないので、たまに目がテンになることがあります。
 今、画面を開いたら・・投稿とか、普通にいつも出てくる文字がでて来ない!焦りましたあ~。
 じ、自分のブログにブログが書けない? なんとか入り口を見つけましたが、今こうして書いている左側に画面表示の不具合発生と復旧のお知らせなんて言葉が踊っています。な、な、なんだべ? 
 まあとにかく書けるなら書いちまおうと焦ってるナウです(汗)

 前回はちょっと湿りがちの話になってしまいましたが、今回は行ってきました伊豆旅行の話です。
 この週末はあいにくの空模様ですが、水・木は絶好の行楽日和でした058.gif
 スーパービュー踊り子号から見る伊豆の海は、晩秋のゆるやかな陽射しを受けてそれはそれはキレイでしたよ。
 向かった先は熱川温泉。バナナ・ワニ園で有名な温泉地ですが、勿論汚ないワニを見ても(失礼)感動もわかないので、お宿と温泉を満喫するため直行です。
 とても良いお宿だったので、回し者ではないですが名前をだしてしまいましょう。
 奈良偲の里・玉翠 といいます。 そういえば昨年の秋、IT企業が運営している稲取のお宿のことを書いたと思いますが、ここも傾きかけたお宿を2年前にまったく新しく生まれ変わらせたお宿のようです。新しいのでロビーも客室もどこもかしこも感動するほどキレイです。

 電車から見ていて思ったのですが、伊豆で古くからのお宿はみな海岸にへばりつくように軒を連ねていますが、新たに台頭してきたお宿は海というロケーションにはこだわらないのですね。山の中腹とかにポツンとあっても人気絶大のようですよ。

 さてここで、熱川温泉トリビアです。興味があったら読んでください。
 伊豆には賀茂郡という郡部があります。そうここ熱川温泉周辺も賀茂郡東伊豆町といいます。
 字(あざ)名は奈良本とか奈良なんとかという文字が躍っているんですね。お宿も奈良を偲ぶ里・奈良偲の里・玉翠です。始まりは奈良を追われた貴族が移り住んだ里で、いつか奈良に戻るという思いでつけられた名のようです。賀茂郡という群名といい、東の国の始まりは京や奈良の落人から成ってきたのかもしれませんね。ここもそんな時代の生活を反映するのか、宿の方の働く衣装が雅な作務衣で・・そうした人たちが広大な敷地を行き来する様は、奈良の都を彷彿させるようでした。

 広すぎて私は例によってうまく写真におさめることができません(汗)
 部屋のベランダからカメラを持ってきょどっていたら、雅な作務衣の従業員さんが「ここから撮りましょうか」と撮ってくれましたが・・・「普通の家のベランダみたいに撮れてしまいました」って。本当だ(笑)本当に雰囲気の良いお宿なので、機会があれば、目で確認していただきたいナ。
 いちおう写真をさまざま載せてみますが、なんにも伝わらないかも・・・。自己嫌悪、ずん!

 
f0179090_2292835.jpg


 
f0179090_22101578.jpg

 

 
f0179090_2211158.jpg


 
f0179090_22113055.jpg


 和室の次の間のソファー、正座ができない母にはありがたい。ベランダの揺り椅子とお庭を眺めるように丸座。そしてこれまた足腰の悪い母には寝起きがお布団より楽なベッド。部屋は和モダンでしたね。

 
f0179090_22174324.jpg

 
 
f0179090_22182146.jpg


 
f0179090_2218532.jpg


 
f0179090_2220925.jpg


 
f0179090_22215769.jpg


 お料理も食べきれないほどでましたが、前菜の柿の白和え美味しかったですね。
 あとは伊豆の海の幸三昧。
 伊勢えびの御造り、身の上のは金粉が貼り付けてありました005.gif
 別に金粉は要らないと思うけど。ほかにも伊勢えびの炭火焼や伊勢えびと野菜のタジン鍋など 
 一夜の夢でしたね~。

 月曜には京都行きま~す。
by hyokkorijima | 2011-11-19 21:08

訃報


 前回、11月に入って早1週間が、さらに1週間すぎてもう今月も半ばに突入してしまいます。 
 だんだん1日が短くなって・・・矢のように時間は過ぎて・・気づけばすぐ師走の慌ただしさのなかに放り込まれてしまうのかもしれないですね。
 それにしても温かい11月、こうなると紅葉と寒さが波のように一気に重なってやってくるのかも? 秋と春がなんだかずいぶん短くなってきちゃってます、なんかヤダ013.gif
 
 ところで、今日は少々湿っぽい話になってしまいそう(断っておきます、ハイ)
 この時季になると必ず、1,2通受け取るハガキがあります。そう年末年始のご挨拶辞退っていう喪のハガキです。実は3,4日前、夢にも思わなかった方の死亡通知をうけとりました。
 まあ、他人の思い出話です。適当に流してくださいね。

 あれは3年前~♪じゃなく、平成6年、もう17年も前になるんだ~。
 私ひょっこりは、当時園児だった娘の育児を2番目の優先順位にして、夜、高田馬場のある資格学校に通っていました。旅行業務取り扱い主任者って、旅行会社の支店には必ず1人置かなくてはならない旅行の契約や約款などを説明できる責任者なんですが、いちおう国家資格なんですね。
 そのとき私は三十路半ば、きっと切実に違う自分に変わりたい、もう1人の自分がいたのでしょうね。なにしろ変わりたい!その一心があったのでそれはそれは勉強しました。旅行の法律、運賃の計算、マイル計算から、地理、英語、それはそれは必死に。
 そのときお世話になった先生の訃報でした。その教室で三十路母さんは私だけ、就職を射程にいれた大学生のWスクールや、転職を考えているOLさんとかばかりだったので、きっと異質だったでしょう私は・・・。
 でも絶対講義を休まず、それでいて終わると脱兎のごとく教室をでる私に
「よく頑張る人ですね」と声をかけてくれて以来、合格の後押しを強力にしてくれた先生でした。
 そのおかげで試験は合格。しかしおりしも時は平成4年のバブル崩壊以来世の中は不景気の坂を転げ落ちることになって・・・。主任者の合格通知をもって旅行会社をあたっても帰ってくる答えはいつも同じ007.gif
「ひょっこりさん、これからは人を斬る時代なんです、こんなときによりによって子連れの失礼だが30過ぎてこれから仕事覚えますなんて人雇う時代だと思いますか」
 私、今、就活している学生さんの気持ちが少しはわかるんです。
 まっ、それはさておき、上のような状態で、結局違う自分にはなれなかった・・・。
 その時先生は言ってくださいました。
「ひょっこりさん、電話1台、ファックス1台で自分で代理店をやってごらんなさい、あなたの人柄なら絶対できますよ」

 もちろん私にはそんな度量も才覚も経済力も、夫の賛成も協力ももちろん望むすべもなく、変身しそこねた私はただ元気のいいおばさんになっただけだけど。
 それでも先生とは年賀状で繋がらせていただいた。私のへたくそなエッセイを読むのを楽しみにしてくれたり、先生の短歌を読ませていただいたりの交流がずっと続いていた。
 先生は戦時中は学徒出陣で中国戦線にいらしたとか聞いていたので、年齢的にはもう80代半ば、 いつでもの覚悟は持っているべきだったのかもしれないけれど、それでもカルチャーセンターで最年長・末席を汚していますが、若い人に囲まれてなんとか頑張ってますよという文面から、いつまでもお元気でおられると確信していたのだ。
 ご家族からの知らせには、亡くなられたのが10月27日。まだ・・・亡くなりたてではないか!絶句。4年前、娘が同じ大学の後輩になったことをすごく喜んでくだすった。
 来春に卒業と就職の報告をさせていただこうと思っていた。あれだけ(大学の)近くだから気軽に寄ってと言ってもらっていたのに。
 本当に・・・本当に・・・悔いが残って、この数日私は悲しみの中にいた。
 
 ご家族にお悔やみの手紙を送れたことだけが、せめてもの気持ちの救いで・・・。
 やっぱり、会いたい人にはきちんと会っておく、行きたいとこには行っておく、したいことはしておく、人にも事にも距離と時間を置きすぎるのはだめなんだな~。
 先生、本当にごめんなさい。合掌。

by hyokkorijima | 2011-11-13 23:23

暖かな11月と・・人生時間の話


 11月に入って早1週間、暦的には晩秋のはずですが・・・暖かな11月です。
 今月は旅行を2回控えていることもあって、気張ってジャケットとコートをそれぞれ買い揃えたのに、気温が高くてまったく出番がありやせん。
 気温がぐっと下がらないと紅葉の色づきも鮮やかにならないのですよね、来週は伊豆、再来週は悲願?の京都に行くひょっこりとしては気を揉みつつ、指折り数えて出発待ってるこのごろです。

 ところで、気温は高めですが、めっきり日は短くなって夕方がとっても忙しくなりました。
 我が家では、外が暗くなると夫はもう夕飯を食べるものと思ってそわそわし始めます。
 夕食時間は6時です。なので私はこれからの時期は夕方のニュースというものをまったく見ない生活になります。そして夕食がすむと夫は最近では8時過ぎにはもう鼾をかいているんですね005.gif9時までもちません。姪の家庭の小1の子どもより早く寝てます008.gif
「お父さん、眠るなら電気は消してくださいね、いつもつけっぱなしよ」
「じゃ、もう消していいや」
「エッ?もういいんですか?消して まだ8時ですけど・・・もう眠るんですか?」
「眠るわけじゃない 暗くして横になるだけだ」
「暗くして横になることを世間では眠るって言うんですけど」
「うるさい、なんでもいい」
「ハイ そうですか 消します」
 
 こんな感じです。私は井上陽水の歌~人生が~2度あれば~♪~絶対この人には騙されません。
 週末にはいっしょにワインの一杯でも飲めて、たわいもない話に笑ってくれる人といっしょに緩やかに朽ちていきたいと思います。まあ、ここだけの話にしてくださいナ。(苦笑)
 でも夫がさっさと眠ってしまうおかげで、良いこともありました。
 私には長い自由な夜があるということです。まあ、どっちかなんですかね。
 
 今、あんなモノは20代のOLごときが観るモノとちょっと見下していた月9ドラマにはまっています。タイトルは「私が恋愛できない理由」。
 香里奈、吉高由里子、AKBの大島優子、それぞれ個性の違う20代女性3人3様の恋バナなのですが、この脚本を書いた人に俄然興味が沸いているんです。
「ねえ、女の人生時間って知ってる? 自分の年齢を3で割るの、それが今のあなたの人生時間よ」って。つまりですね、21歳ならば3で割ると7、あなたは人生の朝・7時の中にいるんですと。
 30歳で午前10時、まだまだなんでもできる、そしてその考えで言えば、私は人生時間の午後5時から6時の間なんですね。穏やかに夜の到来を待つか、夜遊びに目覚めるのか、いずれにしてもキラキラとした朝日はもうやってこないのです。いかに素敵な夜を迎えるか?考える世代なんでしょう。そして72歳を過ぎれば24時越え、あとは良くも悪くも余生です。
 そう思うと夫が寝ててもしかたないんだろうな~。
 
 さあ~私は9時からゆっくりテレビを観ましょう。娘は「女の友情はスライスされたハムより薄い」ってセリフにドキンですと。 脚本家の名前チェックしながら・・・では。本日終わり!
by hyokkorijima | 2011-11-07 19:57