<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

読書の時間再び


 明日で8月も終わりなのに・・・なんですか!この暑さ!暑さのバーゲンセールか!
 台風のいたずらだそうですから、それが去れば朝な夕なに秋の気配を感じられることでしょう。
 ♪~夏が過ぎ~風あざみ~ 誰のあこがれにさまよう~青空に残された 私の心は夏模様~♪ いっつもこの時期は井上陽水のこの歌が浮かんでちょっと切なくなるひょっこりです。

 自分の夏休みも終わり、もうなにもないので再びの・・・読書の時間にはまっています。
 
 
f0179090_22394141.jpg


 はまっているのは・・・再びの小池真理子。私の中では第2次ブームです。
 私はほとんど女流作家しか読まないのですが・・・。20代の頃ほとんどその書いたものを読破したのが森瑤子でした。日本のサガンと呼ばれたあの方の文体は本当に重厚で深くて・・・。どんな感性でどんな頭でこんな小説がかけるのだろうと夢中でした。その森 瑤子に期待されていたのが小池真理子でもあったわけで。
 19歳の時、この方の書いた初めてのエッセイ集「知的悪女のすすめ」という本を読んだのははっきり覚えています。当時はひと言でいうとこの人の評価は「きれいだが生意気」でしたね。
 それから小説を書きはじめ阿刀田高さんあたりに短編の名手とうたわれましたが・・・それを覆したのが96年、直木賞を受賞した「恋」でした。

 この人の作品はなぜか発表するたび長くなっていって「恋」は500ページ。普通の文庫の2冊分ですよ。
 そして、つい先日読み終えたのが「望みは何と聴かれたら」。これは恋を更に上回る610ページ。
 薄い文庫3冊分ですな。おまけに青森に行く前に読み出してしまって、中途半端にするのがイヤで徹夜で読み終えていきました。ばっかみたい(笑)

 このかたの長編作品は必ずや1970年代、安保の影をひきずる男と女。この人自身が運動のさなかにいたのでは?と思わせるほど、あの時代が克明です。

 パリの美術館で、槇村沙織は30数年ぶりに秋津五郎に再会する。彼こそ学生運動の果ての凄絶な粛清リンチから身ひとつで逃走した20歳の沙織を半年間匿ってくれた男だった。運命の再会は二人になにをもたらすか?
 意外にも?重松清さんの解説がより深みをまして・・・小池 真理子の印税収入にこつこつと貢献している昨今の私です。
by hyokkorijima | 2013-08-30 23:41

ただいま~

 夏休みをしてきました。
 新型新幹線、はやぶさで行く津軽・下北2大半島と絶景五能線、むつ湾の旅。
 クラブツーリズムのツアーで、例によって幼馴染の3人旅です。 ひと言でいうと感動と睡眠不足の旅でしたね(笑)
 3日間で両半島と電車にも乗る船にも乗るというのは、知り合いの青森出身の洋服屋の店長に言わせると「エッ? 不可能でしょ?」でした。不可能なツアーを催行するわけないので無事いってまいりましたが・・・
 お宿到着が夜7時で食事は8時半がオーダーストップです。朝は6時半から食事で8時に出発します。
 目が回りそう。まあこうでなきゃまわれなかったと思いますが。

 1日目。
 メインは津軽半島竜飛岬と太宰治記念館。

 
f0179090_12482526.jpg


 
f0179090_12492313.jpg


 紫陽花が満開でした。東京では紫陽花は梅雨の花ですが、こっちでは8月に咲く花だそうです。岬一面紫陽花。ここは強風のメッカだそうですが健気に咲いていました。あまりに強風で人の写真はすごいことになっているのでこの場所は割愛。しかしガイドさんに言わせると「今日は静かなほう」ですと。
 そしてお決まり?津軽海峡冬景色の歌碑です。 こちらの碑は2番から始まります。
 ♪~ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと~♪って、ちなみに翌日の出発点になった青森港の歌碑は1番から始まり歌碑のそばにいくと人を感知してもう歌が鳴りっきりです005.gif
 竜飛岬のほうは赤いボタンを押さなければ歌は始まらないの(まあこのほうがいいと思うけど)

 太宰記念館は・・・もう素晴らしい!太宰好きなら1日居たいことでしょう。
 太宰本名・津島家は津軽の金木一帯の大地主。津島家のそばに銀行も役場も置いたというくらいなので、津島家がこの辺一帯の経済をまわしていたことになるのでしょう。 さながらイタリア・フローレンスのメディチ家みたい。 ここから弘前高等学校、東京大学まででた坊ちゃんが・・・どうして末は玉川上水で入水自殺だったのでしょうね。

 
f0179090_1312372.jpg


 
f0179090_13125472.jpg


 外見はそこそこの建物にしか見えないかもしれませんが、中は広いし重厚。立派な和室続きの合間にこんな洋風の間も。家を囲む壁はイギリスのレンガだそうで、当時4万円。今でいうと建築費7億以上の邸宅だそうですよ。宝くじ1等でも追いつかないわね(笑)

 2日目

 青森港を出航しむつ湾縦断下北半島、地図でいう右の鎌の形の半島のほうですね。
 90分ひたすら船の旅。名勝仏が浦など一望しながら北へ北へ。びっくりすることにこんな果てまできても?ってところにちゃんと港があって村があるのですね。私はとても住めないけど・・・。
 そういや今の大河「八重の桜」で敗れた会津藩の人々が移住した先がここ下北半島でしたっけ。
 佐井という小さな村で海鮮丼を食べたあとマグロで有名な町大間に戻り、恐山観光へ。

 
f0179090_1335522.jpg


 大間も風で・・・でもそんなこと言ってたら人間登場の写真がないので破れかぶれの1枚だな。
 髪が・・髪が・・もうひどきち。 ですがここが本州最北端の街。大間。
 なんでもここの人々は病院も大学も大きな買い物も青森の街に出るより向かいの函館に行ってしまうそうです。私の実家の方には埼玉都民という言葉があるけど、青森道民って感じですかね。

 
f0179090_13453841.jpg


 
f0179090_13462946.jpg


 
f0179090_13473399.jpg


そして上の写真3枚は日本3大霊場のひとつ、恐山。名前は恐いけど、あちらこちら風車が挿してあってきれいな浜があり、ここがあの世とこの世の境目とは・・・。
 実はここは思いいれのある場所でして、私は父を急死で亡くしているので、直後は精神不安定で「恐山にいって父がなにを言いたかったかイタコの口寄せをする」って聞かなかったですね。
 ココに行くしか父の無念はわからないじゃないのって。しかし個人で思い立っていける場所ではなく、しかも今は毎夏の例大祭に参加できるイタコ(霊を呼べる人)は2名しかいないそうです。
 今は私も20数年の時間を経てすっかり落ち着き、父は極楽浄土で平穏に過ごしていると信じています。

 3日目
 ツアー参加者41名がほとんどメインの日と思っていたと思います。
 五能線乗車と白神山地12湖めぐり。 水森かおりの歌で一気に有名になった五能線。
 青森五所川原から秋田能代までを結ぶので「五能線」。海岸線ぎりぎりの際を走るローカル線。

 ♪~おんな~みちのく五能線 窓いっぱいに~日本海~♪

 しかしまさかの坂というものが存在しようとは! 今年は北日本はあまりお天気が安定しませんでしたね。
 あの秋田豪雨に岩手豪雨に。 今回の旅行も気圧の谷や梅雨前線が停滞するとの予報でした。
 でもありがたいことに夜中や明け方にスゴイ降りで観光の時には奇跡的に止むので、一度も傘をさしませんでした。五能線の日は夜に豪雨で出発時はピーカン晴れ。誰が運行停止と思うでしょう?
 突然の発表でした。夜の豪雨が線路の一部で土砂崩れを起こしていたのですと。 まったく。
 41名一同唖然。 
 あとで聞いたら地元では「五能線」別名「無能線」。特に冬場などは日本海の横風をまともに受けるので走るほうがむしろ奇跡なのですと。 これは・・・リベンジしたいなあ~。

 ですが12湖はばっちりでした。Tさん、白神山地は電車やバスからみると広大な林だけど、中はなかなか。

 
f0179090_15203833.jpg
 

 
f0179090_15213010.jpg


 12湖のなかでも一番美しいといわれる青池。 神秘的でしたね~。

 以上、簡単な3日間のまとめでしたが・・・夜はミーティング?があるし(笑)睡眠は3時間4時間。
 50過ぎの年に一度の就学旅行。なかなか楽しいものです。

 
 
by hyokkorijima | 2013-08-23 12:28

戦利品2とまもなく夏休み

 
f0179090_2141123.jpg


 今晩は。これが昨晩アップできなかったワインの写真なのでした。 メルシャンの紅白です。

 まあとにもかくにも、安いハウスワインでもきちんと化粧箱に入って「おめでとうございます」の文字とともに 送られてくるのは嬉しいものです。 何事も細々継続していくことが大事ですね。
 
 それにしても写真撮るときゃせめて廻りは片付けて撮るべきですね、なんだこりゃ??(汗)いつもながらあとの祭り、ハハハ。しかし焦りました。腕は最悪ですけど、やはりカメラは旅行の必需品です。
 原因を調べるには? ひねりましたね~ない頭。サミットに買い物ついでに上の階のコジマに行って見せるべきか?いや待てよっと。数日前まで普通に使っていたものがアクシデントもないのにそう急にこわれるわけもない。それならいっちょう、写真やにチョイとうまくすりよってみるか!

 てなわけで現像のときは必ず利用する写真屋にいって「今日は現像はしないのごめんなさい でも写真やさんならきっとわかると思ってききたいことがあるの、これどうしてダメなの?」
 写真屋さんは、「あっこれはなんとかがロックされちゃっているのでロック解除すればいいんですよ」とチョチョチョイとなんだかいじってくれて「壊れてないからね」と返してくれたのでした。
 よって明後日から持っていけるし、どうせここで現像するんだし・・・ああ良かった。

 これでさあ~夏休みだ。来週の中ごろまで更新お休みします。 いってきま~す
029.gif
by hyokkorijima | 2013-08-16 21:04

戦利品

 相変わらず暑い毎日です。もう35度と言われても麻痺してしまっていますね。
 世の中は夏休みらしいです。 ウチの娘は沖縄の石垣島に1週間ほど行っていました。 ちょうど夏フェスがあって、当地出身夏川りみなどがコンサートをしたらしいのですが・・・「あの人、涙そうそう唄わないの、びっくりだよ」と憤慨してました。

 私は実はこの日曜日から数日間青森に出かけようと思います。「なんか地味な行き先」と娘に笑われておりますが・・・太宰生誕地、むつ湾の船旅、仏ケ浦、まぐろの大間、そして♪~女 みちのく 五能線~窓いっぱいに~日本海~♪って、あの五能線に乗り、最後は神秘の泉・青池を堪能してこようと思います。

 但し、どうも東北はこのところお天気がいまいちらしいのです。秋田・岩手豪雨がありました。その前は山形に福島も豪雨に見舞われて・・・これから1週間はどうやら青森函館あたりに気圧の谷が停滞するらしいとか。
 怪しい雲行きですが・・・いつもの幼馴染3人旅なので、天気がダメでもおしゃべり、食欲の花は咲きそうですが・・・(笑)
 東京は来る日も来る日も晴れすぎるほどの晴れで猛暑なのに・・うまくまわらないものですね。

 さて、てなわけで今日か、あと1回で更新がしばしあくと思うので・・・久々の懸賞戦利品をアップしておきます。 なんかどこかで見たことがあるような??でしょ?

f0179090_0204744.jpg
 

 そう一昨年あたり? 以前にも当選したことがある丸美屋「ナスの抱き枕」。前回当たったときは姪の子どもが泣くほど欲しがっていたので前回のものはプレゼントしました。
 したらまあ、再び当選しました。今回のものは前回より優れものになっていまして、なんとこの中に冷却ジェルが内臓できるようになっているのです。
 つまりクールナス枕ですね。このところあまり懸賞など書いていなかったのですが・・・やはり忘れた頃になにか届くと嬉しいものです。 小さい子が居たら抱きしめそうですね。
 ちなみに、続くときは続くもので、本日紅白ワインがセットでキリンから届きました。
 アップしようとしたらなぜかカメラがストライキ!(驚) 旅行にカメラが必需品なので、今ワインが撮れないことより正直あせっています(汗)

 こんなときは、やはり一家に1人、機械に強い人が欲しいとつくづく思います。
 まあ、こんながたがたですが・・・。 とりあえず今週いろいろです

by hyokkorijima | 2013-08-16 00:32

ちょっと流れが・・・


 もう!暑いですね。ただ単に暑いなんて範疇を越えて息苦しさや命の危険さえ感じるような暑さです。
 40度越えなんて・・温帯に属するこの日本にあっていいことなのだろうか?まったく。
 なんだか地熱がもわ~っと沸きあがってくるような暑さだ。 まあ我慢の一文字しかないのでしょうね。

 ところでマメに更新しないまにどんどんトピックスがたまってくる。大変だ!(笑)
 更新できるときにどんどん飛ばしていきます。

 その①
 終戦のエンペラーを観て、やっぱり映画館に行きたくなったか?先週の木曜日には「風 立ちぬ」を観にいきました。日テレの連日の宣伝スポットが効いているのか、水曜日の1000円デーでもないのに超満員。
 ジブリは映像がキレイなのでテレビであとで観るのではなく映画館で観ると決めているのですが・・・このところの連日の暑さと劇的な展開のない内容のため、船漕ぎをしてしまいました。 びっくりして目が覚めたのはあの「震度7」の世紀の大誤報です。映画館の中がうぉ~うぉ~と音が鳴るのですが、館内放送もなく、みんななんだ?なんだ?でザワザワ。それから眠気がとんでしっかり観たけど20分で終わってしまいました。

 その②
 このあいだから書こう書こ思いながら・・・。
 いっとき野菜スープ作りに懲りました。正確には野菜のくずスープ作りです。

f0179090_173588.jpg
 

f0179090_173565.jpg


f0179090_173418.jpg


 私はテレビのお料理コーナーを見るのがあんがい好きなのですが・・・これは1ヵ月くらい前ですか?
 テレビ東京のL4という夕方の番組で紹介していた「ベジブロス」というものなのですが・・・。
 なんのことはない野菜のくずだけを捨てずにスープにするのです。
 わかりますか?ざるの中は大根のへた、皮、人参のへた、葱のみどりの部分、セロリの葉、たまねぎのへた、あの茶色の皮も。ほかにトマトのへたや椎茸のいしずきなど・・・。いわゆる捨てる部分ですね。
 これらを1300CCの水にお酒中さじ1を入れて弱火で20分以上かけてコトコトコトコトエキスを煮出します。
 それらをザルでこすと飴色の混じりけなしの100パーセント野菜スープの味の型紙ができあがります。
 それをベースにさらにオリーブオイルでトマトやちいさくきったジャガイモ、たまねぎを炒めこのベジブロスの中に入れて塩・コショーで味を調えればまじりっけなしの100パーセント野菜を頂くことになります。
 その味の型紙「べジブロス」で八宝菜をつくりました。
 そういえば、いっとき渡辺喜美(みんなの党の党首の父親)や逸見正孝さんががんになったとき、ごぼうや大根などたくさんの野菜を煮出して作るスープが流行りましたね。 キューブにして冷凍にでストックしておけばいつでも使えるのですが、このところの半端ない暑さ。コトコト煮出す元気が失せました。
 しかし、涼しくなったら本来捨てていた部分は絶対有効利用しようと思います。
 お鍋をみるととてもキレイに見えると思いますけど・・・全部くずですからね(笑)
 基本、大根、たまねぎ、にんじん、トマトのへたと皮、セロリの葉、これあたりがおいしいベジブロスが出来るそう。くずがあまりないときは本来、ダシのでる椎茸あたりを1まい入れて助けてもらうのですと。
 以上、クッキング。

 その③
 昨日の各地40度越えの日。よりにもよってね~、地元の同窓会に行ってきました。
 クラス単位ではなく小学・中学の同窓会です。40の半ばを越えてから5年に1回の開催です。
 私は高校からのんびりした女子大の付属育ちなので・・・不思議と女子校ってのはクラス会や同窓会がないのですよね。開催したところで劇的なことがないからでしょうね(笑)
 まあ、わたし達世代の中学生なんてんで無邪気で・・なにもありませんでしたが、それも返っていいのか、
 男女とも○○ちゃんで呼び合いとっても楽しかったです。
 私は3度目にして初参加だったのですが・・・幹事の男の子に「Iちゃん やっと来てくれた~嬉しいよ~嬉しいよ~」って握手に、頭までなでられてしまったのでした。
「やだKちゃん ウチの旦那にも頭なんて何十年もなでられたことないよ」って大笑い。 このKちゃん、55歳にして7歳の女の子の父なのです。きっと毎日娘をなでているんだろうね~(笑)
 70歳を越えた先生まで2次会に参加するなんて張り切ってしまって、楽しい夜は更けたのでした。

 そおいや旧盆、どこここで楽しい再会や旧交があたためられている時期でもありますね。
 みなさま楽しい夏休みを。

 戦利品報告も私のこれからの夏休み計画もあるけれども・・・また次回に。
 インドアのはずが・・流れが変わってきちゃった。
by hyokkorijima | 2013-08-11 17:04

読書と料理と映画と・・・


 今日から猛暑復活だそうです。 もう若くはないので「負けるもんか」ではなく「避ける」「逃げる」方法で対処していきたいと思いますね。
 私は暑さは苦手だし、フットワークも悪いので、仕事に出る以外はほとんど家で過ごします。
 ですが、(8月)1日だけは映画デーだったので「終戦のエンペラー」を観にいきました。
 よく目にした戦後のGHQ本部でのマッカーサーと昭和天皇の写真がありますが、天皇があの写真撮影に至るまでの・・・戦争責任と天皇との関わりを実証したいアメリカと現人神を裁判にかけるわけには死んでもいかない日本側との攻防の真実ですね。
 結局、アメリカ側は天皇責任を追及し国内をより混乱させるより、天皇を象徴として国をまとめる策をとったので現在の天皇制維持につながるわけですが・・・。戦勝国司令官マッカーサーに宮内庁の次官・今は亡き夏八木勲さんが演じてましたが・・・「陛下に直接触れてはなりません」とか「陛下の影は絶対に踏まないでいただきたい」とか、アメリカからすれば「はあ?なんだべ」でしたでしょうね~。と同時に、この廃墟の国土で飢えてるなかで一歩も引かない天皇に対する誇りはなんだ?とも思ったかも。 敗戦国日本がアメリカに誇る唯一の誇りであり守らなければならないものだったのでしょう。
 トミーリージョーンズのマッカーサーはとても似せていたのですが、私はどうにもこうにもあのコーヒーのCMがちらついてしまって・・「地球という惑星には・・」ってやつですね。笑ってしまいそうになりました。

 話しがとんでしまいますが・・生まれ変わったはずの日本でこれだけ天皇、ひいては皇室に隔たりを感じるのは日本だけなのではないでしょうか? 英国の重厚な歴史の中にも生まれてきた新しい息吹、あの清々しさが日本の皇室にないのは本当に残念ですね。 っと、硬いことを書いているうちに・・・私はこれから午後仕事でした。また続きは・・・夜。 とりあえず・・・いってきま~す。

 
f0179090_11244522.jpg


f0179090_1726440.jpg


なんか今日は飛ばしますが・・・次は読書です、ハイ。
 読みました、鷺沢 萌「さいはての二人」。とっても繊細な文を書く作家さんだったのですね。
 主人公、美亜はいわゆる家庭というものを知らずに育った女優の卵。在籍劇団が潰れてスナックで働きだしてそこで出会った「宮本」という男。宮本と呼ばれたり、まっちゃんと呼ばれたり・・何者? 実は朴一旭(パク イルツク)という名の在日朝鮮人。「この男は・・・あたしだ」お互い居場所のない者同士は同じ匂いを嗅ぎあいながら引き寄せあうものなのか? 家庭を知らず、平凡な家庭を築くことを夢見た美亜とパクイルツクの重大な秘密。彼は広島で原爆に被災した母から生まれた被爆2世だった。

 美亜は思う。生まれた時からお金持ちだった人はお金に振り回されない。高い教育を受けた人に限って、学位なんかにとらわれない。持ったことがないもの知らないもの、見たことのないもの・・・人が貪欲に求める対象はいつだってそんなものだ。
 結局パクイルツクは白血病で死に美亜がいちばん欲しかった平凡な家庭というものはまたするりと逃げた。 二人は未来なき「さいはての二人」だったのだ。
 自殺してしまった鷺沢 萌さんは何を求めて何が手に入らず、何に悲嘆し人生を終えてしまったのだろう? と思わず考えさせられた1冊でした。

 お料理は・・・また次回にまわそう(汗) Mさん(名指し?) 冷房の中真夏の読書はなかなか良かよ~。
by hyokkorijima | 2013-08-07 11:24

読書の時間 パートⅡ


 集中豪雨やゲリラ雷雨に振り回された7月も終わり、今日から8月。
 やっぱり今月は猛暑との戦いになるのでしょうか? ムリしないでいきましょうね。

 さて、おもしろくもないでしょうが読書の時間パートⅡです。
 鷺沢 萌さんの情報ありがとうございました。短い濃い人生だったのですね。事情をしったので、やはりあとでじっくり読んでみようと、先に旬の気になっているものと、入りやすい馴染みの本のほう2冊をやっつけました。

 
f0179090_1230034.jpg


 林真理子「やんちゃな時代」はお茶やお菓子を楽しみながら気軽に読めるエッセイです。でもアレ?私この話知っているかも?あらこれもと思うものが多く、考えたら週刊文春に連載していたものをまとめたようなのです。どおりで・・・。私文春は月に2度くらい買うのよね、本の裏にコレはいつからいつまでのどこの連載をまとめたものですって表記してくれれば買わないものを・・・セコイぞ!。
 その点、芥川賞をすっかり喰ってしまった今回の直木賞受賞作「ホテル ローヤル」。
 これはすでに2年前に小説すばるに短編として掲載された作品6編と書き下ろし1編を加えた統合作品が受賞になったのですね。きちんと後ろに表記されているのでわかりました。
 もうお読みになりましたか?

 ラブホテルが舞台ですが、残念ながら?性描写てんこ盛り小説ではありません、残念でした(大笑)
 しかし、その文体、描き方にはお茶もお菓子も忘れ、付箋片手に夢中で読みました。

 今でいうアベノミクスとは到底対極の北のはずれの街の底辺に住む人々。

 小さな寺を守るために檀家の旦那衆に体を開く住職の妻。大手家電量販店に喰われた古い電気屋の夫と舅との同居生活に疲れきっている中年主婦。親に家出された3流女子高生と冴えない高校教師。
 街の華やかさも好きに買い物する楽しみさえ知らない、漁師あがりの10歳年下夫を持つ、字もまともにしらないラブホテルの掃除婦。 町外れの団子屋の店員で、夕ご飯は店の残り団子を食べ、屋根裏部屋で眠る無知な若い女、そしてラブホテルを成功させその女に子どもを産ませようする山師の看板屋。

 中卒、無知、貧乏、閉塞感、抜けられない底辺の暮らし。 そんな人々が5000円で非日常を求めて扉を開く。開く扉の向こうは「ローヤル」。ローヤルとはほど遠い人々。なんかすごいでしょ?

 折り折りにとてもグサリとくる文章があります。

 今 どんなに希望に満ちた言葉を尽くしたところで、男の言う「挫折」がべつのものに姿を変えて再び日の目を見ることなどなさそうに見えた。貴志の言う「夢と希望」は、廃墟できらきらと光る埃にそっくりだ。いっとき舞い上がりけっきょくまた元の場所に降り積もる。ここから出ていくこともなければ拭うような出来事も訪れない。
(シャッターチャンス)

 ミコがホテルローヤルの掃除婦になって5年が経とうとしていた。世の中はバブル景気だと騒いでいたが、それはミコのところへやって来る前にはじけてしまう、泡そっくりの別世界のお祭りだった。
(星はみていた)

 この5000円があれば5日分の食費になる。息子と娘に服の1枚も買ってあげられる。舅に内緒で近所の中華料理屋へ行って家族4人でひとり1200円のセットが頼める。一か月分の電気代。あれもこれも引き換えにできるすべてのことを思い浮かべた。でも引き下がれない。「あそこ入ろう、おとうさん いっぺん思い切り声のだせるところでやりたいの」 あの泡のような2時間が、ここ数年でいちばんの思い出になっていた。
(バブルバス)

 この本の裏帯に書いてあります。体を使って遊ばなきゃいけないときがある。
 これは体をそうすることで、やりきれない心の闇からだれでもいっとき逃げたい時間があると私は解釈しました。

 8月の湿原は、緑色の絨毯に蛇が這っているようだ。(ギフト)

 今自分の置かれている事態、環境、場所によって釧路の湿原もどんな心象風景になるのだろう。
 それにしても底辺の人々が開ける扉の名前が「ローヤル」とは・・うますぎ。

 私は2時間、5000円で非日常に行こうとは思わないなあ。 まっ、こんなだからいたって平々凡々な暮らしにどっぷり漬けなのでしょうが。なんあすごいぞ桜木紫乃。 

 あっ、これから私は今日は休みで、おまけに1日。映画デーですね。吉祥寺に行ってきまさあ~。
by hyokkorijima | 2013-08-01 12:30