なあんだ~ホッ


 今日は温かかったですね、ラクでした。ただ明日はまた雨で寒いそうですが。
 こうやって三寒四温を繰り返しながら一歩一歩春へと近づいていくのでしょう。

 ところで今日はハブ?マングース?巳年だからハブだな、若いほうのハブが帰ってきました、南の島から・・・南方帰りなのでとっても寒いですって!(今日はあったかいんだよ~)
 歳をとったハブのほうは(この人もそういや巳年、だからどっちも噛みつくのね~)埼玉にもどりいつもどおりの暮らしに戻ったようです。やれやれ。
 なんだかいろいろ振り回されているうち2月ももう先が見えて・・早いですね本当に。

 さて本日のお題、なあんだ~ホッについて。
 皆様、今年の冬の寒さと乾燥にはほとほと手をやきませんでしたか? 私ひょっこりは、年明けからず~~っ~と顔の乾燥に泣きたい気持ちですごしていました。特に目の周りです。
 夜、背に腹は変えられぬと清水さんから飛び降りたつもりで買った○生堂の高い栄養クリームを目の周りにたっぷり塗って寝ても、朝起きると目の周りになんの効果もなくカッサカサのつっぱり感と小じわだらけ。私が20年たったらきっとこんな顔になるのだろうなと暗示させるような小じわがいっぱい寄ってしまった顔。もう憂鬱で憂鬱で、なきそうでしたね。

 そこでです。実は以前首周りがかさかさになってしまったときに皮膚科でもらった軟膏のことを思い出しました。あんなかさかさがそういえば一発で治ったっけ。引き出しをかきまわしたら・・・あったのです。ピンクの軟膏。
 しかあし、首周りは効いたけれども、目の周りってどうなの?一番敏感で皮膚膜の薄いところ、うっかり塗ってしまっていいのだろうか? いいや薄く塗ってみて違和感があったらすぐにやめよう、恐る恐る塗ると、いい塩梅なんですよコレが。朝起きるとあれだけうんざりした20年後の私の顔が今の顔に戻ってる!? いいじゃない、いいじゃない~。
 ところが後ろの注意書きに絶句しました。目には塗らないでください005.gif
 エッ?私が塗りたいのはまさしく目の上と目の下、目の元、目だらけなんですけど!
 でもかぶれもしないし・・でも・・でもだらけ。皮膚科のお医者さんに聞きにいこうと思いながらも、医者にあまり行かないひょっこり様は迷いが生じましたね。
 みんなきっと思いつめるようなアトピーとか、深刻な患者さんが行くにちがいないであろう医者に「顔が急に20年後はきっとこんな顔になるんだろうなと思うくらい皺が・・乾燥ですか?」って言ったら「そおいう歳なんです、しかたないですね」ってにべもなく追い返されたらどうしようって。
 でも顔のことだし、目の周りですもの、確認しないと不安ですよね。冷たく一笑されたらそれはそれでええわと塗っていた軟膏ひっつかんで行ってきました。

 結果、先生は優しく指導してくださり、目の周りに使ってもぜんぜんOKだと教えてくれました。「だったらなぜ目には使用しないでと書いてあるのですか?こっちはおっかなびっくり使ってました」と言ったところ、そう書いておかないと正しい使い方をしないでやたらべったり塗り、それが目に流れ込み大騒動する人がいるのですって。ふ~む。
 というわけで、今安心して、新しく出してもらったピンクの軟膏使っています。
 ○生堂の10分の1のお値段です。いえけっして○生堂批判をしているわけではありませんよ。 
 ただワンコインで戻った今の年齢なりの肌、私って安くすむ女なのかも・・・。
 
 
f0179090_2205513.jpg

 
 この軟膏、これから毎年冬の必需品になりそうです。若いときはあれだけ脂性で悩んだのに。 
 京都で買ってきたよーじやの脂取り紙なんてまったく出番ないもんね007.gif
 ただ願うのはどうぞ冬だけの出番でお願いね、1年中なんてことになったらギョッ!

by hyokkorijima | 2012-02-24 21:37
<< それぞれの・・・ 出航いたしました~ >>